石記

暮らしの記録

Epicurean(エピキュリアン)のカッティングボードを購入して3ヶ月たったのでレビュー

メインのまな板とは別に、手軽に使えるまな板が欲しくて3ヶ月ほど前にEpicureanSサイズを購入。

3ヶ月ほど使用し、良い点、気になる点含め見えてきた。

 

購入した経緯

メインのまな板には木製のものを使用しており、料理をするたびに

「使用前に水で濡らす→使用後は水気を拭き立てかける」という流れを踏む。普段料理をする上ではほとんど不満はないが、

「弁当に入れるおかずを半分にしたい」

「晩酌中に薬味を切りたい」

など、いわゆる『ちょっと切りたい』ときには使い勝手が良いとは言い切れない。

そこでサブのまな板として手軽に使えるものを探し求め、購入したのEpicureanのカッティングボード。

 

サイズは約20cm×15cm。包丁と比べるとかなり小さめ。

f:id:kabs:20171104162815j:plain

 

良い点

  • 小さくて扱いやすい
  • 目が細かく匂いや色がつきにくい
  • 多少雑に扱っても平気
  • シンプルで高級感ある見た目

まずは良い点。

何と言っても取り回しの良さが抜群に良いです。コンパクトなサイズ感と薄さ、そしてフック穴が付いているので使用後はさっと壁にかけられる。

また、表面の目が非常に細かくなっており、食材からの匂い移りや色移りを気にせず使用できる。個人的にはニンニクやネギなどの薬味を切るときに大活躍。

ちなみに、晩酌しながら料理することが多が、使用後に片付け忘れて放置しても、一般的な木製まな板のように黒ずんだりするようなこともなし。

あとはやっぱり見た目。ある程度所有欲を満たせる物選びも重要かと。

 

 気になる点

  • 食材を切った際の音が大きい

素材自体がかなり硬いため、食材を切る際には比較的大きい音が出る。

木製まな板の「トン」「タン」という柔らかい音のイメージに対して、こちらのまな板は「カン」という、やや金属的な乾いた高い音が出ます。高い音ゆえ、あまり耳障りの良い音ではない。

また素材の硬さに伴い、包丁の刃へのダメージも一般的な木製まな板と比べると大きい(ただ、このまな板でがんがん料理をするわけではないので、そこは許容している)。

 

その他

  • 傷について

f:id:kabs:20171104144211j:plain

Amazon等のレビューを見ると、「傷が気になる」というコメントをよく見かけるが、個人的にはそこまで気にならない。

写真のような傷はつくが、気にして見なければ特に目立つようなものではないし、一般的な木製まな板に比べたら傷はつきにくいかと。

 

追記:2年半使用した後の写真。

Epicurean(エピキュリアン)のカッティングボードを2年半使ったので改めてレビュー - 石記

 

さいごに

素材自体の硬さと、それに伴う金属的な高音を許容できるかどうかによって、この製品への評価は大きく変わってくるかと。

私はメインのまな板として使用しているわけではないので、使い勝手の良さを考慮し、音の大きさに関しては割り切って使用している。

我が家のキッチンでは、サイズや素材の特性上、メインのまな板との使い分けがうまくできている感じ。

「サブのまな板」という位置付けにおいて、大変満足なまな板です。

 

■その他レビューなど

【レビュー】6年間使用している南部鉄器(及源)の卵焼きフライパンF-141 - 石記

【レビュー】手軽な焼き網「丸十金網 セラミック焼網(小)」 - 石記

ANOVA nano を購入、いくつか低温調理したのでレシピメモ - 石記

 

■まな板関係

イチョウのまな板を手入れ - 石記