石記

暮らしの記録

手軽な焼き網「丸十金網 セラミック焼網(小)」

Amazonの購入履歴を見たら、購入したのはもう5年も前だった。本当は「金網つじ」の焼き網が欲しかったのだけど、あまりの値段の高さに購入を断念し、1000円ちょいで買えるこちらを購入。結果、大正解だった。

購入した「小」はちょうど食パンと同じくらいの大きさで、当時1人で住んでいた頃にトースターを持ちたくなくてこれでパンを焼いて食べていた記憶が。トースターよりもすぐに焼けるし。

 

個人的に一番多いの使い方は「お酒を飲みながらつまみを焼く」こと。テーブルの上にカセットコンロを用意して、ビールを飲みながら焼けるのを待ち、焼けたらすかさず食べる。

f:id:kabs:20200423124055j:image

f:id:kabs:20200423193854j:image

ねぎやしいたけを焼いたり。

f:id:kabs:20200423124227j:image

竹の子やアスパラを焼いたり

f:id:kabs:20200423193515j:image

ししゃもを焼いたり。

つまみと言っても脂の多い肉や魚を焼くのはそれなりの覚悟がいる。垂れた油で煙が大量に発生するのと、油受けがないのでコンロ周りが惨事になるので。相性が良いのは野菜、パン、脂のあまりない干物などかと。あとは油揚げを焼いて醤油をかけても美味しかった。

 

他には、底面からの高さがあるので、バーナーを使って上から何かを炙る時に使うときに良く使う。

f:id:kabs:20200423193619j:image

これはぶりの刺身を炙ったやつ。

f:id:kabs:20200423193957j:image

チャーシューを炙ったり。
f:id:kabs:20200423194001j:image

帆立を炙ったり。

 

シンプルながらもしっかりとした作りで、安物感は皆無。なにより傷んでしまったら割り切って買い替えられるくらいの値段なのが嬉しい。5年使っても、まだまだダメになる気配は全然無いのだけれど。