石記

暮らしの記録

Epicurean(エピキュリアン)のカッティングボードを2年半使ったので改めてレビュー

以前記載したエピキュリアンのカッティングボード、あれから2年半程度愛用している。

Epicurean(エピキュリアン)のカッティングボードを購入して3ヶ月たったのでレビュー - 石記

メインのまな板では使用しておらず、少しの食材を切るときなどのサブのまな板として使用がほとんど。

 

良い点や気になる点は以前の記事とほとんど変わらず。今の自分にとっては「さっと手軽に使えるが、硬過ぎるためメインとしては使いづらい」まな板なのかと。

1日に一度は使うが、包丁の刃があたるのは平均すると1日に10回以下、というような使い方。

f:id:kabs:20200405062908j:image

いつも同じ面を使っております。

 

f:id:kabs:20200405063720j:image

アップ。傷がかなり目立ってきた。

 

f:id:kabs:20200405063742j:image

たまに使う面。主に生肉などを切る時に。

 

ちなみに家での料理で包丁が切れないことがものすごくストレスで定期的に研いでいるが、このまな板で一番気になるのは包丁へのダメージ。正直な感想としてはメインでガンガン使うのは躊躇うが、大変使いやすいのでなんだかんだ毎日使ってしまう感じ。

傷もついてきたので、もう少ししたら同じものを買い直そうかと思っているくらいには気に入っております。