石記

暮らしの記録

手作りカッテージチーズを濃厚にするために

グルタミン酸ナトリウム(味の素)を入れるだけで、カッテージチーズは熟成チーズのような濃厚な味わいになる。当たり前のことかもしれないが、試してみたら割と感動した。

 

というのも、市販の牛乳でカッテージチーズを作ると、いつも「薄いな」と思ってしまう。というかカッテージチーズは熟成させないのでそういうものだし、よく言えばフレッシュでクセがなく食べやすい。

だが、つまみとして食べる分には少々淡白で物足りなさは否めないとずっと思っていた。

イメージしたチーズの味に変化した。カッテージチーズらしさは無くなったが、これはこれで濃厚でうまい。

 

  1. 牛乳500gを沸騰直前まで加熱
  2. 酢30g程度加えながら混ぜる
  3. ボロボロしてくるのでキッチンペーパーで濾す
  4. 食塩とグルタミン酸ナトリウム(味の素)で味付け

グルは指で2つまみくらい入れた。量は好みによると思う。水をしっかり切ると、より濃厚になる。

これはある意味当たり前で、そもそもチーズには旨味成分であるグルタミン酸が多く含まれており、これは熟成期間中にタンパク質が分解されてグルタミン酸をはじめとするアミノ酸になるため。カッテージチーズにグルタミン酸ナトリウムを足すことで、あたかも熟成感のあるチーズ風味になったのでは。

 

f:id:kabs:20200502225724j:image

水切りはザルにキッチンペーパーを敷いた。

f:id:kabs:20200503075713j:image

完成。10分くらいでできた。

そのままでもつまみとして食べられそうだが、せっかくなので料理にも使った。

 

ミニトマトでカプレーゼ風

f:id:kabs:20200503075410j:image

  1. トマト切って並べる
  2. カッテージチーズを乗せる
  3. オリーブオイルと胡椒かける

バジルをのせたかったが、ベランダのバジルは無情にも全滅していた。何故。最近ずっと寒かったから?

 

手抜き明太チーズパスタ

f:id:kabs:20200503075423j:image

  1. パスタ茹でる
  2. 別の鍋に牛乳を軽く沸騰させて煮詰め、マヨ、明太子、塩を混ぜておく
  3. パスタと和えて、カッテージチーズをのせる

ソースだけでも割と濃厚なのに、カッテージチーズが加わることで粘度が増して、より食べ応えがある感じに。

 

カッテージチーズ、これだったら頻繁に作っても良いかも。牛乳が余ったら積極的に作ろう。コロナで減少している乳製品の積極消費にも良いのでは。