石記

暮らしの記録

220605_カッテージチーズ作ってピザ

6時半頃起床。昨日は誰よりも早く寝てしまったらしいので反省。

朝から昨日の残りの寿司や惣菜を食べて満腹になった後、実家の庭や畑を散策する。改めて見るとすごい量の野菜や花が植えられている。身近に野菜の育て方を尋ねることができる人がいるのはありがたい。大葉の苗や紫陽花などを貰って家へ帰宅。

 

帰宅途中、少し大きめの公園に寄る。遊具はそれほど多いわけではなかったが、子供達が遊ぶには十分すぎる。

しばらく遊んで帰路につく。道中、ホームセンターで観葉植物を買おうとしたが、本気で悩みすぎて決められなかったので今度は一人で来ようと心に誓った。

 

昼食、子供は麺が食べたいというのでうどんを茹で、肉や野菜などと共に暖かく食べる。

その流れで妻と庭の草むしり。クラピアの周りに生い茂っている雑草を必死に抜いていく。本当にキリがないので早く地面を覆ってくれることを願う。そういえば水につけておいたバジルから根が出てきた。今度土に植えてみようかと思う。

 

夕方、賞味期限が過ぎた牛乳がたくさんあったのでカッテージチーズを作る。牛乳を沸騰直前まで温め、酢を入れる。

ざる&キッチンペーパーで濾す。

ちょっと水分が多かった気がしたので、バットに広げて冷蔵庫でしばらく乾燥させた。

数年前はコロナで牛乳が余りまくって、どう有効活用するかが話題になっていたな。そのころは専らカッテージチーズを作っていたことを思い出した。

カッテージチーズは爽やかすぎるというか物足りなさがあるのだが、チーズの旨味成分はグルタミン酸なので塩と味の素を入れまくると違和感なく濃厚で食べ応えのあるカッテージチーズになるという技。

 

早速ピザに使う。ホームベーカリーでピザ生地を作り、酸味しっかり目に作ったトマトソースにチーズたちを乗せる。

庭で摘んだバジルが大活躍。ピザが焼き上がった後で乗せた。

子供はウインナーのピザ。アルトバイエルンのエリアと、子供用の皮なしウインナーのエリアを分けている。

タバスコやオリーブオイルをじゃんじゃんかけて食べると背徳感あって美味しい。

他、豚モモ肉を62℃で3時間低温調理し、胡椒をたくさんかけてつまみにした。ハムを買うくらいなら、安売りの豚モモ肉を買ってハムっぽく調理すると良いという気づきを得た。

明日からまた労働が始まる。