石記

暮らしの記録

牛肉の難波焼き

最近「難波焼き」なるものを初めて知った。ねぎを使った焼き物のことらしい。難波地方がねぎの産地だったことが由来だそうだ。

魚を使っても肉を使っても難波焼きというそうなので、ふるさと納税で届いた和牛を使って作ることに。

  1. 牛肉で白ねぎを巻く
  2. フライパンで焼く
  3. みりん、砂糖、醤油で味付け

f:id:kabs:20200503085110j:image

これが今回使う肉。とにかくでかい。

f:id:kabs:20200503085135j:image

ねぎを適度なサイズにカットして巻いていく。
f:id:kabs:20200503085140j:image

巻いた
f:id:kabs:20200503085125j:image

フライパンで焼いて、
f:id:kabs:20200503085144j:image

味付け。
f:id:kabs:20200503085129j:image

断面。

 

すき焼きを一口で食べている感じ。牛肉を巻きつけている分、噛みごたえとジューシーさがあって良い。

反省点はねぎが噛みきれないこと。切り込みを入れるか、細く切っておけば良かった。