石記

暮らしの記録

220619_旅行翌日

5時半に起床。20分ほどランニング。

朝食にRとピザパンを作り、アイスコーヒーを入れる。

最近あまり使っていなかったボルミオリロッコのグラスでコーヒーを飲んだ。底が広いので安定感ある。

 

昨日の日帰り旅行で購入した器を開封。優しい色合いに惹かれた。

 

昼食は昨日市場で買ったもの達で。金華鯖の干物。

三陸のわかめをたくさん入れた味噌汁。

 

昼食後、植物を植え替えるなど。先日家具屋で買った鉢に移して食器棚の上に置いたら、背面の壁と統一感あって良い感じになった。

 

夕方、少し早めに飲み始める。いつもの安いCAVA。

大胆なつまみを作ろう、と妻と話した結果、カマンベールチーズをそのまま焼くことに。

こないだ買ったプレートに丸ごと乗せて、ハムやらトマトやらを乗せてみる。

熱々のチーズをクラッカーにつけながら食べたのだが、かなり良かった。カマンベールの白カビ感を感じづらくなって食べやすくなったし、何よりも贅沢をしている気分になれる。

 

他、思いつきで巨大なつくねを作る。鶏むね肉を粗めに包丁でたたき、卵と片栗粉、塩胡椒を入れて混ぜる。

フライパンで両面焼いた後に、砂糖醤油みりんで作ったタレをからめた。

半分を子供の夕飯にして、もう半分は卵黄をかけてつまみにした。

ここで酒に切り替える。

昨日の残りの小肌と鮪を食べる。

まだ旅行気分は続いているが、明日から仕事なので現実に戻らねば。