石記

暮らしの記録

220517_タオル研究所のタオル、カレイの煮汁で混ぜご飯

6時過ぎに起床。さらっと朝食を食べて弁当を作り、クラピアを植えた斜面の草取りをする。15分ほど作業し、水をやってから出社。

18時半頃帰宅。すっかり体調の良くなったAが出迎えてくれた。

つまみ。ちくわにクリームチーズを混ぜ、粗めに挽いたブラックペッパーを混ぜる。

昨日作ったカレイの煮物をつまみに日本酒を飲み、残りの煮汁で混ぜご飯を作った。しめじや人参、油揚げを入れて煮詰める。

ごまを振ってご飯と混ぜ、

海苔や細切りにした生姜と共に食べた。煮汁も無駄なく使え、かつ美味しいのでかなりありだな。

 

暖かくなってきたのでベッド用の購入を考えている。いつも使っている安心感と手軽さから、タオル研究所のものが第一候補。

そういえば新居に移ってから家中のタオルや台拭きをタオル研究所のものにした。台所や洗面の手拭き、風呂のタオルはフェイスタオル使用。風呂用とそれ以外で色を分けている。ふんわりとした肌触りながら一枚300円ちょいという圧倒的なコスパで申し分ない。

洗面はチャコールグレー。壁紙の白とステンレスのタオル掛けとの相性が非常に良い。

キッチン用の台拭きもタオル研究所の黒いハンドタオル。常にカウンター上に出しておき、水気や汚れを拭き取る用に使用している。ステンレスの天板やガスコンロの質感との相性が良く、汚れても目立たないので重宝している。

となると、タオルケットもお世話になろうと思い、早速購入。「さらっとタイプ」と「ふんわりタイプ」の2種類があったので「サラッとタイプ」を1枚購入。よかったらもう1枚買おうと思っている。

子供と共に就寝。