石記

暮らしの記録

220814_ビアンコルーゴリ、越弌、栃尾の油揚げ

久しぶりの実家での朝食。食後に手土産として買ってきたお菓子を切り分けて皆で食べる。

 

AM、子供を連れて祖父母の家に顔を出す。先日祖母が体調悪くなったと聞いて心配したが、食あたりだったとのこと。今はすっかり元気になったようで一安心。庭で鯉に餌をあげたり、家の周りを散策するなど。俺も小さい頃よく泊まりに来たな、と思い小さい頃を懐かしむ。本当にいろいろと良くしてくれる祖父母の記憶ばかり。

 

帰り際、子供と両親と公園へ。県の管理だからか手入れが細かく行き届いており花壇や草木も整っていて気持ちが良い。Googleレンズで花の名前を調べながら散策した(もうだいたい忘れてしまった)。

 

昼食は行ってみたかった中華屋へ。ランチ価格でかなり本格的な料理ばかり。また帰省したら必ず寄りたい。その後ホームセンターで1000円弱のウスネオイデスを購入。現時点で61cm、成長が楽しみである。

 

夕方、Rは従姉妹と一緒に実家に泊まるということで、妻とAの3人で家に帰宅。晩酌は栃尾の油揚げ。ネギ味噌を挟んで焼いた。

昨日実家で飲んだ越弌、結局勧められるままに持ち帰ってきてしまった。久しぶりにお気に入りの酒器を出して飲んだ。口当たりが良い。

 

お盆休みということで、せっかくなのでちょっと良いワインを空ける。久しぶりのビアンコルーゴリ。数年前に飲んで非常に美味しかった記憶がある。

綺麗な琥珀色。たっぷりの果実感としっかりした酸味。これ2000円台で買えるのはかなりお得なのでは。明日以降の味の変化も楽しみ。

食後、今日買ったアンパンマンのパズルをAと一緒に作る。最初は苦戦していたが何回かやるうちに段々と上達していく。結局家にあったパズルも含めて何十回も作っては壊しを繰り返していた。Rがいないのは寂しいが、久しぶりにAとゆーっくりと遊べたのは良かった。