石記

暮らしの記録

220807_ポークソテー、手巻き寿司

5時半頃に起床、6時頃にはRが起きてくる。保育園がないとやたらと早起きだ。ホームベーカリーを7時にセットしていたので朝食はパン。Rに何が食べたいか聞くとピザパンとのことで、先日実家から貰ったとうもろこしを乗せた。

その後、買い物へ行き、植物を購入。新たにビカクシダを2種類購入した。

 

昼食は冷やし中華。野菜をたっぷり食べられて良い。みょうが乗せたので最高。

午後からビカクシダの板付を行う。かなり苦戦した。

 

夕飯、冷しゃぶっぽいサラダ。

急に思い立ってポークソテーを焼く。肉に小麦粉をつけて焼いた後、ウイスキー、バター、醤油、少量の砂糖で味付けをするのが最近の(俺の)流行り。ちょっと多めのウイスキー(大さじ1杯強)を入れることで、風味と独特の雑味が加わり、一気に奥行きというか上品な味になる。

あまりに美味しかったのでコノスルのカベルネ。今日は手巻き寿司のはずが、完全に寄り道をしてしまった。

 

そして手巻き寿司。近所のスーパーにあまり良い刺身がなかったので、今日の生物はまぐろのたたきとイカ

子供がたくさん食べるので卵焼きは多めに焼く。

庭の大葉、大半が虫の被害にあっている。綺麗そうなものを選抜して摘んでくる。酢でも撒けばよいのか?

イカ、納豆、大葉、ツナ、カニカマ、カイワレ。なんでもありなのが手巻きの良いところだと思うし、一見合わなそうでも具でもマヨ系が入ると一気に全体の調和が取れてしまう。油はすごいね。

満腹になり就寝。