石記

暮らしの記録

220703_梅干しと餃子づくり、旭ポン酢

ホテルで起床。朝食を食べた後に妻と子供たちに迎えにきてもらい、そのまま帰宅。

 

帰宅後、すぐに昼食。冷たいうどんで冷やし中華風にする。かなりありだな。からしをたっぷりつけてマヨネーズと共に食べると最高。

 

昼食後、梅干しに赤紫蘇を加える。スーパーで250円。買えてよかった。

途中、芋虫が出てきたので捕まえ、葉っぱを食べる様子を観察するなど。本来虫はとても苦手なのだが、子供に先入観を与えてはだめだよな、と思い精一杯頑張る。

というか俺が虫が苦手なのにしっかりした理由なんてなくて、造形や生態に関心がないだけで、なんとなくのビジュアルで嫌悪感を抱いているだけだと思う。詳しく知ったらもっと興味が湧くのでは?とさえ思っている近頃。俺から虫達に歩み寄らねば。

塩を揉んでアクを抜いたら梅酢を加える。

ポリ袋の中の梅に戻す。ポリ袋で作ると楽だな。

 

夕飯、ヤングコーンといんげんを素揚げに。とれたてだからか、甘味と風味が凄まじい。

ずっと食べてみたかった旭ポン酢。いつも買っているポン酢の何倍もするので躊躇っていたのだが、とうとう購入。

栓なんだね。

カツオを食べる。もちろんポン酢で。旨味がそれほど強くなく、柑橘感がはっきりしており美味しい。かなり好み。

餃子の皮を作る。

20個作成。

半分茹でる。

妻と半分ずつ食べる。これが今日の主食。

今日は餃子にもポン酢。やはり柑橘感たっぷりでぺろっと食べてしまう。このポン酢を使いたいがために、いろいろと料理がしたくなるほど。

ほどよい満腹感で就寝。