石記

暮らしの記録

220611_家で寿司を握る、ジャージャー麺

昨日の残り物で朝食を食べ、Rと共に公園へ。天気が良いので遊具で遊んだり、芝生でかけっこをしたり。

妻とAと合流し、郊外の大きめの商業施設へ行き、日用品や食料などを買い込む。植物がひとつ150円くらいで売っていたので、いろいろと買ってしまった。置く場所を考えねば。

 

先日、保育園のお昼ご飯にジャージャー麺が出たらしく、Rがまた食べたいと言っていたので家でも作ることに。

みじん切りにしたエリンギとしめじを混ぜて肉味噌をつくり、千切りのきゅうりや糸唐辛子などを乗せた。大人はラー油たっぷりで辛めの味付けに。

麺は先日製麺して冷凍しておいた極太麺。これで麺を使い切ったので、近々作らなくては。

Rはすごい食欲でぺろっと食べ、「ジャージャージャー麺おいしかった」と、ちょっと字余りみたいな感想を伝えてくれた。

 

PMは庭へ。トマトがどんどん育っている。これ本当に赤くなるのか?と半信半疑だが、長い目で待ってみる。

実家に自生していたので持ってきた大葉は、うまいこと根付いて大きくなってきた。

水にさしておいたバジルも根がかなり出ていたので土に植え替え。

慣れない手探りの作業ばかりだが、最近いろんなものがぐんぐん育っているので充実感ある。

 

夕方、298円で買ってきたイナダを捌く。40cmくらい。

ひとまず3枚におろして塩をふり、冷蔵庫内に傾けて放置。

カットして最近買ったプレートに盛り付ける。左は鰯。こちらもスーパーで安かったので。

ビールはマルエフ。

酒は麒麟山。

エイヒレを網で焼いてつまみに。

昨日の昆布巻きがかなり美味しい。作るの手間だが、手間かけるだけの価値はありそう。

ここから巻物モードに。鰯、大葉、生姜、ネギ、きゅうりを巻く。

寿司屋でよく見かける大好きな巻物に。あまり上手く巻けなかったし、食べたらネギの味が強すぎて脂の乗った鰯の味がかき消されていた。次回の課題。

他、ネギトロ。

きゅうり

この前煮ておいたかんぴょう

イナダで寿司を握り、他にも小エビの軍艦、子供用に握ったタマゴを少し盛り付けて完成。なんだか前よりも少し上達している気がする。子供にはかんぴょうや玉子を別で握ってたくさんあげた。

妻と半分ずつ分けて食べる。米を硬めに炊いたのが良かったのか、ネタとシャリの一体感もあり素人仕事にしてはそこそこ食べられる感じになった。反省点は欲張ったのかシャリが少しでかかったこと。いつまでも米が口の中に残ってしまった。

盛りだくさんの一日だった。明日も予定がたくさんあり。