石記

暮らしの記録

家を建てて半年が経った

あっという間に半年。時間を掛けてあれこれ悩んだ割には、住んだらすぐに慣れて(飽きて)しまうのでは?と思っていたが全くそんなことはなかった。いまだに新鮮な気持ちだし、好きなものに囲まれながら過ごす日常や生活を何よりも楽しめている気がする。いつか忘れそうな今の気持ちを残しておく意味でも、振り返りを兼ねて現時点の心境のメモ。

好きなところ

キッチン

キッチンから家を見渡せる、という部分をテーマに家を作ったこともあり、結局ここにいる時間が一番長いし落ち着ける場所になっている。カウンターを広めに作ったので、いつも妻とキッチンで晩酌をしている。個人的な裏テーマは「いつか蕎麦が打てるキッチン」だったのだが、いまだ蕎麦打ちには至らず。

 

プラスドゥ

最高。使っていて気分が上がる。火力は申し分ないし、無骨なデザインと全面五徳のおかげでどこにでも鍋やフライパンを置けるのが良い。当然油はいたるところに跳ねるので食事を作り終わるたび(だいたい朝食後と寝る前)に五徳を全部はずして拭き掃除をしている。全く苦にならないし、このガスコンロへの愛情が強すぎてむしろ綺麗になった後の喜びの方が勝る感じ。掃除はIHや一般的なガスコンロよりも絶対大変なはず。妻は掃除をしたがらないので人を選ぶ調理器具であると思う。

 

ウッドデッキ

リビングからアクセスできるのだが、気軽に庭に出れるのが良い。周りの家とも離れているし、死角になる位置なので家族でBBQをしやすくなった。夏になったら子供のプールもできそう。

パテラ

家にあることが申し訳なくなる様な造形美。家を立てるタイミングを逃すときっと一生買えない、と言って無理して買った甲斐があった。半年経った今でも、妻と「良いね〜」と言っている。

 神保スイッチ

思い切ってスイッチプレートに課金し、家中を憧れの神保スイッチに。2連や3連のスイッチは、半年経った今でも押すとどこのライトがつくのかわからなくなる。ひとつのプレートはとにかく押しやすい。トイレや廊下など暗い場所でも感覚的にスイッチの入/切ができるのでストレスがない。何よりもシャープなデザインでスイッチを押すのさえ楽しい。

 

野鳥がやってくる

想定外の嬉しいポイント。木々が多いので野鳥を家の窓ごしに観察できる。野鳥図鑑を買わねば。

 

食洗機&幹太くん

引越しを気に縦型洗濯機(12L)と幹太くんを導入したのだが、これ以上の組み合わせはないのでは?という気持ち。これまで使っていた電気式の乾燥機でかかっていた時間は何だったんだろう...というくらいあっという間に乾燥が終わるし、ふわふわに仕上がる。食洗機についてはとにかく皿やコップをたくさん使うので、まとめて洗ってくれるのはありがたい。自動化できるところは任せてしまおう。

 

悩みポイント

俺の書斎

ほとんど使わず。在宅勤務でちらっと使ってみたくらいで、まだ照明すらついていない。子供が小さいうちは一人で部屋に籠ることなんてなかったです。

 

トイレの照明

気合いを入れてNewLightPotteryの照明を買ったのだが、トイレに出入りする時は照明を見上げる機会がほとんどないことに気づいた。キッチンとかに移設しようか...。

 

毎週どうしようかと悩んでいる。数年かけてじっくりと作っていきたいのだが、今は雑草と戦いながらクラピアの成長を見守る日々。

外収納

庭で使う道具や、子供の外遊びのおもちゃ、自転車などを収納するスペースが足りない。そのうち外用の物置を買うかもしれない。

蚊が出る

外に出るとすぐ刺される。

 

 

上記以外の課題もたくさんあるものの、総合的に大満足しながら日々を過ごせている。そして家への気持ち、1年経ったらまた全然違う感情を抱いていそうなので定期的に振り返ってみるのもよいかも。何よりも家を建てて良かったのは子供が楽しそうに遊びまわれることなのだが、家が快適すぎて外出の頻度が減った気がするので、もっと外に連れて行ってやりたい。

今週のお題「人生で一番高い買い物」