石記

暮らしの記録

220422_ほうれん草のグラタン、冷凍しゅうまい、スパイスで肉を焼く

仕事後、少し庭をいじる。昨日買ったふるいが届いたので、小石を取り除くなど。ほどよい疲労感で夕食へ。

妻にビールを買ってきてもらったので、肉っぽいものが食べたいと思ってスパイスを混ぜた。パプリカ、オレガノ、タイム、クミン、コリアンダー、ペッパー、塩など。

冷蔵庫にあった小間切れ肉にまぶして焼いた。

スパイス混ぜてたら、一時期よく作っていたスパイスカレーを最近全く作ってないことに気づく。というか昨今のスパイスカレーブームはどうなったのだろうか。近々また作ろう。

 

 

つまみに冷凍のシュウマイ。

トレイが分割できたので、3つだけレンジで温めて妻と分ける。簡単で良いな。

かなり美味しくてびっくりしてしまった。食感や肉粒感が上手に作り込まれている印象。しゃきっとした筍と、噛みごたえのある粒状の大豆たんぱくの組み合わせで、具材感や肉っぽさがしっかりしている。冷凍のしゅうまい、ぐにゃっとした食感が苦手で抵抗感あったのだが、これならば喜んで食べる。少々高いのだが。

 

グラタン。ほうれん草と、鶏もも肉を唐揚げくらいのサイズ感でいれてみた。

トースターで焼き目をつける。

白ワインを飲む。

羊文学の新譜を聴く。久しぶりに初期作を聴きたくなった。

子供より先に寝てしまった。