石記

暮らしの記録

220128_唐揚げ、母の煮物

7時に起床。今日も子供の保育園は休みだが、私も妻も仕事が立て込んでいるので実家の母が子供の面倒を見にきてくれる。

 

納豆でさらっとご飯を食べ、仕事。オンラインの打ち合わせ、PC内臓のマイクで会話をされることが多く、はっきりと聞き取れないうえに社内の雑音拾いまくって結構ストレス。相手に自分の声がどう届いているかの配慮、本当に大事だと思う。

 

昼食、親子丼と味噌汁を母が作ってくれた。里芋、豚バラ、つきこんにゃく、ねぎなどが入った味噌汁は非常に美味しかった。

f:id:kabs:20220129071558j:plain

 

昼食後、コーヒーを淹れてすぐ仕事に戻る。時々子供の楽しそうな声や大声が聞こえてくる。

18時前には仕事をやめる。子供を風呂に入れた後、湯温を上げて湯船にゆっくりと浸かる。なんだか発汗しやすくなった気がする。

夕飯、面倒を見てもらった母への手土産(夕飯)に、妻にテイクアウトの唐揚げを買ってきてもらう。

f:id:kabs:20220129071614j:plain

夕飯、唐揚げとビール。

f:id:kabs:20220129071605j:plain

母の煮物。なつかしい味がする。

f:id:kabs:20220129071602j:plain

ホームベーカリーを購入したので、翌日の7時に焼き上がるようにタイマーをセットした。

子供を寝かしつけていたら、子よりも先に眠ってしまった。