石記

暮らしの記録

220125_餃子、水漏れ

7時頃起床。

塩引き鮭を焼いて朝食。かなり味が濃いので白米が進む。

f:id:kabs:20220126082304j:plain

 

朝食後、昼食用に具材をカットし、軽く煮込んだ後に仕事に取り掛かる。

 

昼食は妻がおにぎりを作ってくれた。朝の鮭のほぐし身と青梗菜。おにぎりと豚汁の組み合わせはかなり満足度高い。

f:id:kabs:20220126082126j:plain

 

昼食後すぐに仕事。

子供が休みの中、連日家で仕事をし続けるのはしんどい。今日は妻が休みなのでそこそこ仕事を進められるが、子守をしながらの仕事は普段の50%も進まない。状況が状況(保育園が休園)なので会社からは良しとしてもらっているが、仕事が溜まる中で、思うように進められない状況というのは精神衛生上よろしくない。改めて保育園の偉大さを認識。

 

19時前まで仕事をし、ゆっくり風呂に入らせてもらう。最近は風呂が楽しみの一つになっている気がする。

 

妻がつまみを数品作ってくれていたので晩酌。青梗菜の炒め物。

f:id:kabs:20220126082135j:plain

白菜とツナの和え物。モダンな漬物といった感じで美味しい。

f:id:kabs:20220126082143j:plain

 

今日の主食は水餃子にすると決めていたので、飲みながら生地をつくる。

こちらの本を参考に。小麦100gで作れるレシピばかりなのでぱっと思い立った時に気軽に作れる。普段レシピ本の類はあまり買わないが、これはかなり重宝している。そして180°本が開くので、作りながら読みやすい。

強力粉と薄力粉を1:1で混ぜる。

f:id:kabs:20220126082139j:plain

こねて寝かしている間に具を作る。

f:id:kabs:20220126082200j:plain

小間切れ肉と挽肉。このあと小間切れは包丁でたたいて細かくした。

f:id:kabs:20220126082131j:plain

軽く茹でてみじん切りにしたキャベツ、ネギ、生姜と混ぜて案を作る。

f:id:kabs:20220126082156j:plain

寝かした生地を棒状に伸ばす。

f:id:kabs:20220126082147j:plain

カット。

f:id:kabs:20220126082152j:plain

切り口を上にして手のひらで潰す。

f:id:kabs:20220126082212j:plain

綿棒で伸ばす。

f:id:kabs:20220126082217j:plain

伸ばした端から、妻が包んでくれた。小麦粉100gで餃子20個分。

f:id:kabs:20220126082204j:plain

茹でて、

f:id:kabs:20220126082220j:plain

ポン酢で食べた。

f:id:kabs:20220126082225j:plain

水餃子でもりもり食べようと思ったが、せっかくなので一部焼いてみることに。これもうまい。

f:id:kabs:20220126082208j:plain

 

そんなことをしていたら、何故かキッチン床が水浸しになっている。水でもこぼしたか?と思ったが、どうやらキッチンシンク下から水が漏れているようだ。

慌てて元栓を閉め、工務店へ連絡。明日の対応となるようで、ひとまず食洗機の中に食器を詰め込み、入りきらないものはやかんで洗面所から水を汲んで洗う。

キッチンが使えないのはかなり不便。早く直ると良いのだが。