石記

30代サラリーマンの暮らしの記録

220115_カニと鴨、亀の王、ドイツのビールKAPUZINER

7時頃起床。休日はわかりやすく子供達の機嫌が良い。チャーハンが食べたいとのことで、昨日の残りの冷やご飯でカニカマとレタスのチャーハンを作る。Rはカニカマの赤い部分を嫌がっていた(白い部分は普通に食べていたので味が嫌いなわけではない?)。

 

大人は昨日のエビチリを乗せた。これがものすごく合う。

f:id:kabs:20220116124851j:plain

 

AM、美容院へ。引越したが相変わらず以前の家の近くの美容院へ通っている。毎回イメージなんかは伝えず、伸びた分だけを切ってもらう。毎回いい感じになるので、仕上がりを伝えるのが億劫な自分としてはすごく楽で助かる。ついでに美容師が自分のことをたくさん話すタイプなので、それもそれで気楽。

 

美容院のついでに酒屋へ。夕飯はカニの予定なので「カニに合う酒」を選んでもらう。甲殻類と相性が良いお酒があるとのことで、それをいただく。実家近くの

f:id:kabs:20220116125503j:plain


帰宅。昼食は簡単に焼きそば。削りたての鰹節をかけて食べた。焼きそばを食べるのがかなり久しぶり。

f:id:kabs:20220116124855j:plain

 

PM、カニを買いに出かける。昨日、NHKの番組でカニを食べている子供の姿を見たら、我々夫婦はすっかりカニが食べたくなってしまった。

ズワイガニ。2500円。持って帰ってもまだ生きていた。

f:id:kabs:20220116124923j:plain

佐渡産の毛ガニ。1800円。

f:id:kabs:20220116124931j:plain

はじめは予算5000円くらいで茹でてあるカニを買おうと思っていたのだが、紅ズワイしかなかったので、急遽生のカニを購入。予算内で2杯購入できた。

Rはこの寒い中「アイスが食べたい」とのことで、フルーツのアイスを購入。3種類ミックスできるようで、好きなフルーツを3つ聞いたら「いちご」「ぶどう」「みかん」と言っていた。どれもラインナップにあったので、そのまま注文。

他、コーヒー豆を買う。いつも深煎りの豆ばかり買ってしまうので、香りが強そうな浅煎りの豆も合わせて購入。

 

帰宅、カニを茹でる。我が家で一番大きい雪平鍋でなんとかギリギリ入った。少ししょっぱいと感じるくらいの塩分濃度で水から茹で、沸騰したら20分。まだカニは生きていたので、すまん、という気持ちで火を付ける。

f:id:kabs:20220116130007j:plain

どちらも蟹味噌がそこそこ入っていたので、まぶしながら食べた。ズワイの方が旨味が強くて好み。

f:id:kabs:20220116124939j:plain

 

ついでにカモ肉も買ってきた。ハンガリー産で220円/100g。脂に切れ目を入れてフライパンで焼き色をつける。

f:id:kabs:20220116124902j:plain

オーブン180℃で8分。その後アルミホイルで包んで15分ほど保温。

f:id:kabs:20220116124907j:plain

良い感じの焼き加減。ピンクだが、中まで加熱されていた。

f:id:kabs:20220116124918j:plain

ソースは赤ワイン、砂糖、醤油、にんにく。

f:id:kabs:20220116124914j:plain

身が柔らかく、濃厚な赤身の味わい。思ったよりも脂のくどさはないのでさらっと食べられる。

ドイツのビールKAPUZINERも購入。460円くらい。これ、かなり好み。ドイツビールの風味はわからぬが、濁りのある見た目と、飲み込む時の鼻に抜けるフルーティな香り(バナナっぽい)が良い。

f:id:kabs:20220116124927j:plain

F60はあいかわらずコスパが良いというか、食中酒として最高。

f:id:kabs:20220116124944j:plain

鴨を焼いた時に出た脂でネギを焼き、鴨南蛮風。肉を残しておけばよかったと後悔。だが脂だけでも鴨感がしっかり出ており、〆としてはこれ以上ない蕎麦。

f:id:kabs:20220116124935j:plain

酔っ払ってギターを弾きながら妻と歌うなどしていたらすっかり夜更け。