石記

30代サラリーマンの暮らしの記録

211103_えびワンタン、タレカツ丼、自治会長へ挨拶

6時半頃に起床。

朝からRが「もぐらショーが見たい」と何度も言っている。昨日水族館へ保育園の遠足で行き、そこでイルカショーを見たのだが、なぜか「イルカ」と「もぐら」を勘違いしていた様子。

引越しにあたり今週から転園した保育園は行事が多いらしく、まだ新しい園に慣れないRはそのイベントを楽しみに登園している。Aは園へ送り届ける際に大泣きしてしまう。早く慣れると良いのだが。

そんな生活の中、水曜日が祝日なのは気持ち的にも助かる。

 

朝食、パスコのイングリッシュマフィンでハンバーガー的なものを作って食べた。

f:id:kabs:20211107060814j:plain

AM、引越しの準備。ひたすら段ボールに荷物を詰めていく。

 

昼食。昨日、平野紗季子さんのポッドキャストを聴いていたら参鶏湯の話題があり、鶏の旨味を摂取したくなる。

冷凍庫にある鶏肉や鶏皮、ネギ、にんじん、玉ねぎなんかをぐずぐずになるまで煮込む。

f:id:kabs:20211107061219j:plain

かなり濃厚なスープになったので、具材を取り除き、溶き卵とネギを加えて塩で味を整える。

f:id:kabs:20211107061627j:plain

先日惣菜屋で買ったチキンのタレカツを真似る。鶏むね肉を薄くカットしてフライにした後、甘醤油のタレをくぐらせる。たれがしっかり絡むように、片栗粉で軽めにとろみをつけた。

f:id:kabs:20211107060915j:plain

サイズが大きかったので半分にしてご飯へ。新潟名物のタレかつ丼を鶏むね肉で作るイメージ。もはやこちらの方が美味しいのでは。

 

PM、新しく住む街の自治会長に連絡するも、今年で交代したとのこと。新任の方の連絡先を聞き、手土産を持って挨拶へ。どきどきしながら向かったが、非常に感じの良い方で、町内会のことや街のことを教えてくれた。

 

帰宅、久しぶりに遅い夕食。

えびワンタンをつくる。ひき肉、えび、ネギ、塩胡椒。

f:id:kabs:20211107061903j:plain

近所のスーパーで安売りされているむき海老(ぶりんぶりんのわざとらしい食感)を使うといい感じになるかな、と考えていたのだが、品切れだったのでいつものバナメイにした。

 

ワンタンの皮で包み、昼の残りの鶏スープで茹でる。

鶏の濃厚なスープ、豚肉と海老の風味が合わさって、最近作った料理の中でもかなり満足度が高い部類に入る。最後に白髪ネギと、チンゲンサイを添えた。

f:id:kabs:20211107060810j:plain

このままでもしっかり味がついていて美味しいのだが、ほんの少しポン酢をかけて食べると最高だった。

ビールもするする進む。

f:id:kabs:20211107062708j:plain

子供を寝かしつけるはずが、先に眠ってしまった。