石記

暮らしの記録

チキンカレーver.2.0

今日もチキンカレーを作る。材料の構成を少し変えてみた。

ver.1.0からの変更点

■材料

  • 唐辛子:小1/2→小1/3
  • トマトペーストを150g→100g
  • ヨーグルト100gを追加

■工程

  • 玉ねぎの炒め時間を伸ばし、しっかり焦がす
  • トマトペーストの水分をしっかりとばす
  • 鶏肉入れるタイミングでヨーグルト加える

umai-meals.hatenablog.com

 

つくりかた(3〜4皿分)

■ホール

■パウダー

■その他

  • 油:大3
  • 玉ねぎ:中1個
  • トマトペースト:100g
  • にんにく:2片
  • しょうが:にんにくと同量くらい
  • プレーンヨーグルト:100g
  • 鶏もも肉:200g
  • 食塩:5g
  • 水:300g

■流れ

  1. 油でホールスパイスを加熱
  2. みじん切りの玉ねぎ、塩の半量を投入し、焦げ色がつくまで炒める
  3. 火を弱め、すりおろしたにんにくと生姜を入れて軽く炒める
  4. トマトペースト入れ、水分がなくなるまで炒める
  5. パウダースパイスと残りの塩投入
  6. ヨーグルトと鶏もも肉を入れて炒める
  7. 水を入れて15分煮込む

 

使用したスパイスたち。前回辛すぎたので、唐辛子を減らした。

f:id:kabs:20210930161203j:plain

 

玉ねぎサイズはこれくらい。水分が早く抜けるかと思って細かめにしているが、こちらも検討の余地あり。

f:id:kabs:20210930161159j:plain

 

クミンが焦げる(黒くなる)直前まで玉ねぎを加熱してみた。写真よりも実際は濃い茶色だった。

f:id:kabs:20210930161208j:plain

 

トマトペーストを加え、水分をとばしたあと。前回はトマトの酸の印象が強かったので、トマトを気持ち少なめ(150g→100g)にして、加熱時間も増やしてみた。

f:id:kabs:20210930161218j:plain

スパイスと塩を投入後。かなり重ためのペーストといった感じ。

f:id:kabs:20210930161214j:plain

鶏肉とヨーグルト加える。ヨーグルトの水分で炒めやすい。

f:id:kabs:20210930161222j:plain

ヨーグルトの影響で、だいぶ黄色くなった。

f:id:kabs:20210930161226j:plain

 

水を加えて15分加熱した。少し煮込むことでパウダースパイスの角がとれて味がなじむ印象。一方で煮込み時間を伸ばすとホールスパイスの印象が強く出るのかも。次回は試しに長時間加熱してみようかと思う。

f:id:kabs:20210930161238j:plain

 

完成、ご飯にかける。まだトッピング等はしないでおく。

f:id:kabs:20210930161234j:plain

前回より美味しい。辛味が弱まった分食べやすい。

スパイス感や味の構成にまとまりがあるというか、一体感がある。スパイスカレーにおいて一体感があるというのは必ずしも良いことではない気がするが、とりあえず自分好みのカレーだった。程よい酸味と、程よい旨味、程よくまとまったスパイス感の食べやすいカレーで、インド風の日本カレーといった感じ。

旨味を足したいと思うのはきっと日本風のカレーに慣れているだけな気がするので、基本的な構成はこのままにする。

 

■次回改善点(ver.2.1)

・煮込み時間を変更する(可能なら15分加熱と2時間加熱の比較をしてみる)

・白米ではなくバスマティライスにする