石記

暮らしの記録

チキンカレーver.1.0

最近はカレーを作るときにスパイスの分量を測るようにしている。

これまでカレーは分量や手順について、かなりラフというか適当に作っていたのだが、それだとこれ以上進歩しなそうなので、記録することに。

結果的に今日のカレーはものすごく美味しくできたと思っている。これをチキンカレーのなんとなくのベースとして、今後少しずつより美味しく感じる方向に変化させていこうと思う。

 

■ホール

■パウダー

■その他

  • 油:大3
  • 玉ねぎ:1個
  • トマトペースト:150g
  • にんにく:2片
  • しょうが:にんにくと同量くらい
  • 鶏もも肉:200g
  • 食塩:5g
  • 水:300g

■流れ

  1. 油でホールスパイスを加熱
  2. みじん切りの玉ねぎ、塩の半量を投入し、焦げ色がつくまで炒める
  3. 火を弱め、すりおろしたにんにくと生姜を入れて軽く炒める
  4. トマトペースト入れ、水分なくなるまで炒める
  5. パウダースパイスと残りの塩投入
  6. 鶏もも肉を入れて炒める
  7. 水を入れて15分煮込む

 

使用したスパイスたち。前回よりホールスパイスを少なめにした。

f:id:kabs:20210923073553j:plain

ホールスパイスを油で加熱。

f:id:kabs:20210923073214j:plain

玉ねぎと、食塩の半量(2.5g)を加えて加熱。ここで食塩入れることで、しっかりと玉ねぎが脱水される印象。玉ねぎの色づきというよりも、クミンの焦げを気にして写真くらいで加熱をやめた。

f:id:kabs:20210923073210j:plain

食べた後、水野さんの文章を読む。嫌な風味が出ていたわけではないので、もう少し加熱しても問題なかったもしれない。

 

今後の再現性と、短時間でつくるシチュエーションが多そう(テレワークの昼食など)なことを考えて、デルモンテのトマトペーストを使用。

f:id:kabs:20210923073206j:plain

加熱。これくらいの水分量でやめた。

f:id:kabs:20210923073202j:plain

パウダースパイスを投入し加熱。

f:id:kabs:20210923073227j:plain

鶏もも肉を入れて炒める。

f:id:kabs:20210923073222j:plain

水300gを加え、15分ほど煮込む。

f:id:kabs:20210923073218j:plain

完成。

f:id:kabs:20210923073231j:plain

 

特になにかのスパイスが突出した感じでもなくバランスが良い。あっさりした中にシャープな辛味があり、食べ続けるとかなり辛味を感じる。

 

■改善点

  • 少しトマトの風味と酸味が強かったので、トマトペーストの量を減らすか、トマトペーストを入れた後の加熱時間をしっかり取る。
  • 全体的に少しあっさりした印象。もう少しベースというか全体的な旨みやコクがあると良い。玉ねぎをもう少し炒めるか、上記のトマトの酸味が改善されれば、こちらもよくなる気がする。

とはいえ、かなりおいしくできたので大満足。また近いうちに作ってみようかと思う。