石記

30代サラリーマンの暮らしの記録

210917_スパイスカレーと自家製いくら作り

6時に起床。子供達も早く起きてきたので、早めの朝ごはん。納豆を食べる。

 

昼、スパイスカレーを作る。

f:id:kabs:20210918074256j:plain

■ホール

■パウダー

■その他

  • 油:大3
  • 玉ねぎ:1個
  • トマト:1個
  • にんにく:2片
  • しょうが:にんにくと同量くらい
  • 豚小間切れ肉:適量
  1. 油でホールスパイスを加熱
  2. みじん切りの玉ねぎを投入し、焦げ色がつくまで炒める
  3. すりおろしたにんにく、生姜投入
  4. 水分なくなるまでトマト炒める
  5. パウダースパイス、塩投入
  6. 肉入れて炒める
  7. 水分入れて軽く煮込む

 

f:id:kabs:20210918074342j:plain

f:id:kabs:20210918075030j:plain

f:id:kabs:20210918075358j:plain

うーん。なんだかあまり美味しそうに見えない。

f:id:kabs:20210918075518j:plain

■反省点

  • マスタードシード必要なさそう。真っ先に焦げて苦味が出る気がする。
  • ホールのブラックペッパーもパウダーで入れればよい気が。
  • とりあえずスパイスを色々使った感が出てしまった、それぞれの特徴出すならもう少し種類を絞ったほうがよい。
  • トマトの量が足りていない?トマトペーストを使用していた時は旨味がかなり出ていた。旨味ある系を作るならトマト増やすorペースト使用が良さそう。そして赤みが出ないがない分、見た目が黒っぽくなってしまう。
  • 玉ねぎ投入時に塩を入れなかったので、水分が出づらかった。

だいたい美味しかったのだが、改善点はたくさんありそう。最後にスパイスとか入れるのは、ベースの味がしっかりできるようになってからにしようと思う。

 

夕方、スーパーへ行くと生の筋子が安く売られていたので購入。ここ最近ずっと狙っていたものの、あまりに値段が高くて買えずにいたのだが(1280円/100g)、ちょうど半額に値下がりしたので迷わず購入。

f:id:kabs:20210918080852j:plain

風呂くらいの温度のお湯でほぐして、膜を取り除く。お湯を数回変えながら。

f:id:kabs:20210918081322j:plain

ざるで軽く水分を切る。

f:id:kabs:20210918081540j:plain

保存容器に移し、みりん1:醤油3くらいでつくった醤油だれで漬ける。

f:id:kabs:20210918081622j:plain

2時間後くらい。少し味見をしてみるとすでにおいしい。軽やかな食感と優しい塩分。明日以降食べることに。

f:id:kabs:20210918081730j:plain

 

エビフライ。タルタルソースを作り食べた。

f:id:kabs:20210918082007j:plain

 

せっかく油を使ったので、じゃがいもの素揚げ。シンプルに塩で。

f:id:kabs:20210918082011j:plain

 

最後はアサリでボンゴレ。にんにくとアサリをたっぷり使って作った。

f:id:kabs:20210918081921j:plain

食後にコーヒーを飲んで寝る。