石記

暮らしの記録

210828_桃ディル、生の鰹、ステーキ、チョコバナナ

6時過ぎに起床。昨日残った洗い物を済ませて朝食を作る。

休みということもあり、気持ち的に余裕があったので出汁をとって雑炊を作った。

鰹節を削り、昆布と鰹で出汁を取る。

f:id:kabs:20210829210744j:plain

具材はえのき、卵、小ネギで、味付けは塩のみというミニマルな感じで作った。シンプルで美味しいが、後味の旨味の後引きがあっさりし過ぎて少し物足りなさを感じた。

f:id:kabs:20210829210926j:plain

旨味を鰹と昆布のみでカバーしようとすると、とんでもない量を使うことになりそう。経済的にどうなの?という思いもあるので、化調を少し入れると美味しくなりそう。

 

余った鰹節はフライパンで水分を飛ばして細かくする。

f:id:kabs:20210829211418j:plain

ごま、海苔、塩を加えて加熱。白ごはんをあまり食べたがらない子供たち用のふりかけに。

f:id:kabs:20210829211500j:plain

朝食後、食材を買いに普段行かないスーパーへ。店内で肉の加工も行っているためか、やたらと肉が豊富だった。夕飯は贅沢にいこう、と意気込んで買い物に出かけたものの、大胆な買い物はできず。結局いつも通り安い肉や魚を買って帰る。

 

昼前に妻は用事があり外出。夕飯用にまぐろと生の鰹を買ったので、味見を兼ねて昼食時に酢飯に乗せて食べた。

f:id:kabs:20210829211848j:plain

昨日Rと約束したチョコバナナを作る。バナナを半分に切って、溶かした板チョコでコーティング。楽しんでいた様子。

f:id:kabs:20210829212011j:plain

 

国産の豚モモが安かった(88円/100g)ので、1kg程まとめて購入。そのうち400g程を低温調理に使用し、残りは冷凍保存。

f:id:kabs:20210829212501j:plain

塩を振ってアイラップに入れ、64℃で3時間半加熱。

f:id:kabs:20210829212519j:plain

とりあえず、この日は何もせず胡椒をかけて食べる。脂身の少ない肉は低温調理と相性が良い。

f:id:kabs:20210829212627j:plain

豚バラ軟骨を初めて購入。というか売っているのを初めて見た。「パイカ」と呼ばれるらしい。角煮をイメージして煮ることに。お湯で脂身が柔らかくなるまで2hほど下茹でし、砂糖、醤油、みりんで味付け。

f:id:kabs:20210829212551j:plain

そのまんま「軟骨付きの角煮」という感じ。あまり軟骨が好きではないので、結局ほぐしながら食べた。
f:id:kabs:20210829213328j:plain木綿豆腐の表面をじっくりフライパンで焼き、オイスターソースで味をつけたもの。表面の食感がよい。

f:id:kabs:20210829213520j:plain

生のかつお。薬味にネギ、生姜、みょうがを準備したものの、かつお自体のポテンシャルが高過ぎて、何も手を加えないで食べるのが一番美味しかった。

f:id:kabs:20210829213627j:plain

 

日本酒は普通ではない普通酒こと萬寿鏡のF60。久しぶりに飲んだがやはりうまい。

 

桃ディル。やっと作ることができた。ギリシャヨーグルトはなかったので、プレーンヨーグルトを水切りして使った。美味し過ぎてあっという間に食べてしまった。 

f:id:kabs:20210829213821j:plain

 

最後は見切り品として売られていた国産牛でステーキ。

f:id:kabs:20210829214033j:plain 

この前赤ワインのソース失敗したのでリベンジ。

にんにく、玉ねぎみじん切りを赤ワインで加熱しながら煮詰め、濾した後に砂糖、塩、バター。バターを入れる際に火を弱めて撹拌したら乳化して良い感じのとろみになった。

ソースの出来は個人的によかったが、肉が筋っぽくがっしりした食感だったので少し残念。

 

ちょっと作り過ぎた感あり。買い物すると、買った分だけ作ってしまう。