石記

暮らしの記録

210818_茶碗蒸し、Dosset5日目、Clairo聴いて寝る

5時半に起床、30分ほどウォーキング。小雨が降りじめっとしている。

 

朝ごはんは昨日妻が作ってくれた青椒肉絲、ものすごく味が決まっていてご飯が進んだ。

Rは熱が出て保育園を休むので、自分の分だけ弁当を作る。卵焼き、茄子とピーマン炒め、青椒肉絲、サラダ。早めに仕事へ向かう。

 

コロナ拡大を受けて出社率を減少させるとのことで、またテレワーク多めの日々になりそう。

 

IOGIを聴きながら帰宅。メロウ。 

定時に帰宅したのでハイボールを飲む。

茶碗蒸し。銀杏と枝豆、ちくわ、三つ葉

f:id:kabs:20210818211354j:plain

茗荷に味噌をつけて齧る。

f:id:kabs:20210818211546j:plain

いつだったか、料理人の義父が教えてくれた食べ方。当時は茗荷を生で齧ることに少し抵抗あったことを思い出す。おいしいが、2つも食べれば十分。茗荷は大好きだが風味がダイレクトすぎるので、味噌マヨとかのほうが食べやすいかもしれない。

Dosset。栓を開けてから5日目。

f:id:kabs:20210818211722j:plain

かなり自然派ワインらしい風味が強まってきた。開けたては酸の印象がだいぶ強かったが、日数とともに落ち着き、果実感と渋味のバランスがよくとても美味しい。飲み切りたい気持ちを抑えて早めに酒を切り上げ、肉豆腐、ご飯、味噌汁。

 

Clairoを流して少しゆっくりする。

昨夜あまり眠れなかったせいか、すぐにうとうとしてしまう。