石記

暮らしの記録

210804_しきぶとんさん、Olivia Kaplan、大人のオムライス

6時過ぎに起床。今朝も軽く散歩しようとしたが、眠気と筋肉痛で断念。

Aは微熱が続くようで、保育園を休む。実家から両親が来て面倒を見てくれるようだ。

妻は早退するとのことで、自分の分だけ弁当を作る。卵焼き、冷凍しておいたヒレカツ、サラダ。

 

昼休み、高野文子さんの絵本があることを知り、購入。字を読み始めたRにも、言葉が通じてきたAにもちょうど良さそう、と後付けの理由を考えたが、何より自分が読みたかっただけ。

 

Olivia Kaplanを聴く。演奏がシンプルな分、曲と声の良さが際立つ。後半緩やかにエモーショナルになり、サラッと終わるのが良い。


夜は、両親が近所の唐揚げ屋で唐揚げを買ってきてくれた。普段家以外の唐揚げを食べないので、かなり新鮮。甘だれ味はわかりやすくご飯が進みそうな味。今度家でも作ってみる。

妻がきゅうりの辛子漬けを作ってくれていた。数年前、ワインバーで知り合ったおじさんから作り方を教えてもらい、レシピが書かれているメモをもらったもの。だがメモの分量が間違っていたようで、その後何度も作り直しながら、我が家っぽく仕上げていった。味が染み込んでいなく、まだそこまで辛くないが、次の日にはちょうど良さそう。

 

Rに「大人のオムライス」が食べたいとせがまれる。子供には卵を薄焼にしたものをチキンライスにのせ、顔を描いていたのだが、オムレツが乗ったオムライスを見て食べたくなったようだ。さすがに半熟のオムレツはどうかと思い、スクランブルエッグをのせてケチャップをかけたら満足していた。

歯磨きを終えた子供に隠れてスイカを食べていたら見つかったしまった。