石記

暮らしの記録

10分で作るミラノ風ドリア

家で飲んでたらテレビでリゾットが映り、急にワインに合いそうな米料理が食べたくなったので。家にある材料で思い立ってから10分後には食べられる簡単なドリアを。

我が家ではこれをミラノ風ドリアと呼んでいるが、これがミラノ風かどうかはわからないし、某店の再現性があるのかも不明。

ホワイトソース、ケチャップ、チーズという旨味たちがぶつかりあって、ジャンクフード的に食べられる。もちろんうまい。

 

流れ

  1. ご飯をラップをかけずにレンジで温める。
  2. ホワイトソースをつくる。牛乳、塩、胡椒、砂糖、グルタミン酸Naを入れて少し煮立たせ、片栗粉でとろみをつける。
  3. その間にミートソース?をつくる。フライパンで挽肉を炒め、ケチャップとソースで味付け。
  4. 暖まったご飯にバターとホワイトペッパーを混ぜる。
  5. 耐熱皿にご飯を盛り、2,3を順に載せる。
  6. チーズを乗せてトースターの一番強いモードで焼き目をつける。

 

 

f:id:kabs:20200331204920j:image

皿に全部乗せたところ。

f:id:kabs:20200331204948j:image

チーズを乗せて、

f:id:kabs:20200331205007j:image

トースターで焼き目をつけて完成。

 

個人的なポイント

  • ご飯を温める時にレンジで水分を飛ばす。焼いた時にカリカリになっておいしい。
  • 同じ理由でごはんはなるべく少なめで、薄めに盛る。多いとべちゃっとする。
  • 牛乳は強火で一気に煮立たせる。牛乳臭さがなくなる。
  • ホワイトソースは化調に頼る。市販のやつっぽくなる。
  • ホワイトソースは小麦粉使うと時間かかるので、雑に作る時は片栗粉使うと楽。

 

写真撮る時間も含めて12〜13分くらいだったので、だいたい10分くらいで出来るかと。

そんなに慌てて作る必要はないのだが。