石記

暮らしの記録

ボールペン「LAMY cp1」を買った。LAMY2000との重さ比較など。

仕事ではLAMY2000の4色ボールペンにジェットストリームを入れて使用しているのだが、そもそもあまり色を使い分けていないと思いシンプルなボールペンを買うことに。

 

統一感があると思い、LAMY2000と同じゲルト・アルフレッド・ミュラーがデザインしたcp1を購入。

f:id:kabs:20200205192730j:image

f:id:kabs:20200205192743j:image

箱に高級感がありますね。

f:id:kabs:20200205192358j:image

f:id:kabs:20200205201400j:image

無駄のないシンプルなデザインながら、高級感と重厚感あり。

f:id:kabs:20200205193057j:image

2000と比べるとだいぶ細め。

ちなみにcp1は1970年、2000は1966年に最初のモデルが発売されたようで。50年前のデザインとは思えないほど洗練されている。

f:id:kabs:20200205193454j:imagef:id:kabs:20200205193458j:image

重さはcp1が19.2g、2000が21.3g

cp1は細いながらしっかりとした重みがあり、感覚的には2000とほとんど変わらない。

かなり所有欲を満たしてくれるボールペンであることは間違い無いかと。

 

f:id:kabs:20200205200022j:image

中身はM16。

ところで私はLAMY純正インクの書き心地があまり好みではないため、下記商品を使用してジェットストリームを使おうと思っていたのだが、どうやらcp1は対応していないみたい…。同じリフィルなのに。買う前に確認するべきでしたね。

なんとか別のリフィルを使用する方法を考えてみます。

外観が良いだけに、好みのリフィルを使えないのは切ないですな…。